広島県交通安全協会(広島県交通安全活動推進センター)
現在ページ:トップ >> 交通安全運動

交通安全運動

広島県交通対策協議会の主唱で実施する、春・夏・秋・年末の交通安全運動では、交通安全の啓発・広報を中心としたさまざまな地域活動をおこなっています。

◆平成30年広島県交通安全年間スローガン

『 危ないよ スマホじゃなくて 周り見て 』

平成30年使用全国交通安全年間スローガン

平成30年広島県交通安全年間スローガンポスター

 公益財団法人広島県交通安全協会(広島県交通安全活動推進センター)は、広島県交通対策協議会交通対策部会の幹事団体として活動しています。

平成30年 春の全国交通安全運動

実施期間:平成30年4月6日(金)から4月15日(日)までの10日間
スローガン:『危ないよ スマホじゃなくて 周り見て』

  運動の重点:
  • 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  • 自転車の安全利用の推進
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

平成30年広島県交通安全キャッチフレーズ

『 なくそう交通死亡事故・アンダー75作戦〜2020年へ向けて〜 』

◆運動のチラシ

▼画像をクリックすると大きく表示します(PDF形式)

平成30年春の全国交通安全運動チラシ(表) 平成30年春の全国交通安全運動チラシ(裏)

◆4月10日(火)は「交通事故死ゼロを目指す日」です。

【自転車安全利用五則】

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 【自転車が歩道を通行できる場合】

    • ・道路標識や道路標示で指定された場合
    • ・運転者が、13歳未満の子供、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合
    • ・車道や交通の状況からみてもやむを得ない場合
  3. 車道は左側を通行
  4. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  5. 安全ルールを守る
    ・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    ・夜間はライトを点灯
    ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  6. 子どもはヘルメットを着用

【自転車会員入会および自転車保険加入のご案内(取扱い:全日本交通安全協会)】

   (一財)全日本交通安全協会では、自転車事故補償制度の取扱いを行っています。
  • 自転車利用の皆様
    自転車会員になると、会員サービスとして万が一の自転車事故に備えたサイクル安心保険に加入できます。
    (自転車会員に入会して、自転車保険に加入された方であれば、どの自転車に乗っても補償)

【TSマーク】

 年に1回、自転車安全整備店で、点検・整備を受けると、その印としてTSマークが自転車に貼付されます。TSマークには賠償責任保険と傷害保険の2つがセットになった1年間の付帯保険が付いています。年齢等に関係なく、誰が乗っていても適用を受けられます。

 

【道路交通法の一部改正】

 

【飲酒運転の根絶】

トップページへもどる

 

サイトマップ | 個人情報の取り扱いについて | Web規約
Copyright ©公益財団法人 広島県交通安全協会 All Rights Reserved Since 2016.
〒731-5108 広島市佐伯区石内南3丁目1-1 広島県運転免許センター5階
TEL:082-941-7700 FAX:082-941-7701