広島県交通安全協会(広島県交通安全活動推進センター)
現在ページ:トップ >> 交通安全運動

交通安全運動

広島県交通対策協議会の主唱で実施する、春・夏・秋・年末の交通安全運動では、交通安全の啓発・広報を中心としたさまざまな地域活動をおこなっています。

◆平成29年広島県交通安全年間スローガン

『 まだ行ける 渡れそうでも 待つゆとり 』

平成29年使用全国交通安全年間スローガン

平成29年広島県交通安全年間スローガンポスター

 公益財団法人広島県交通安全協会(広島県交通安全活動推進センター)は、広島県交通対策協議会交通対策部会の幹事団体として活動しています。

平成29年 年末交通事故防止県民総ぐるみ運動

実施期間:平成29年12月1日(金)から12月10日(日)までの10日間
スローガン:『 まだ行ける 渡れそうでも 待つゆとり 』

平成29年広島県交通安全キャッチフレーズ

『 なくそう交通死亡事故・アンダー75 』〜2020年へ向けて〜

 運動の重点:
  • 高齢者の交通事故防止
  • 飲酒運転の根絶
  • 自転車の安全利用の推進

◆チラシ

年末交通事故防止県民総ぐるみ運動チラシ(表) 年末交通事故防止県民総ぐるみ運動チラシ(裏)

▲画像をクリックすると大きく表示します(PDF形式)

トップページへもどる

 

サイトマップ | 個人情報の取り扱いについて | Web規約
Copyright ©公益財団法人 広島県交通安全協会 All Rights Reserved Since 2016.
〒731-5108 広島市佐伯区石内南3丁目1-1 広島県運転免許センター5階
TEL:082-941-7700 FAX:082-941-7701