広島県交通安全協会(広島県交通安全活動推進センター)
現在ページ:トップ >> 活動内容 >> TSマーク(自転車安全整備)・自転車事故補償制度

自転車事故補償制度(取扱:(一財)全日本交通安全協会)のご案内

平成29年4月1日から、(一財)全日本交通安全協会において自転車事故補償制度が実施されることになりました。

◆自転車事故補償制度のご案内◆

▲全日本交通安全協会の案内ページへリンク。
当該会員・保険等に関するお問合せ先
会員制度、入会手続き 保険の内容、補償等 自転車事故の届出
全日本交通安全協会 取扱代理店
(株)インシュアランスサービス
事故受付専用
自転車会員専用電話
03-6261-2917
フリーダイヤル
0120-691-744
フリーダイヤル
0120-023-192

◆TSマークと自転車会員の補償の違い

  • TSマーク:自転車安全整備士が点検、整備しTSマークを貼付した自転車であれば誰でも補償
  • 自転車会員:自転車会員に入会して、自転車保険に加入された方であれば、どの自転車に乗っても補償

TSマーク(自転車安全整備)

◆TSマークを貼った自転車なら、安心の保険が付いています。

 年に1回、自転車安全整備店で、点検・整備を受けると、その印としてTSマークが自転車に貼付されます。TSマークには賠償責任保険と傷害保険の2つがセットになった1年間の付帯保険が付いています。  
 年齢等に関係なく、誰が乗っていても適用を受けられます。

自転車安全整備店はこちらから検索

◆TSマーク保険の目的

  • 第一は、自転車利用者の間に定期的に自転車の点検・整備を受ける気運を醸成することにより、自転車安全整備制度(※)の促進を図ることです。
  • 第二は、自転車に係わる交通事故の被害者の救済に資することです。
このマークのある自転車安全整備店で点検・整備を受けて、TSマークを貼ってもらうと、保険が付帯されます。

自転車安全整備店はこちらから検索


◆補償内容

●傷害補償
 TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人が、交通事故によって事故の日から180日以内に入院、死亡又は重度後遺障害を被った場合には、以下の表の金額が一律に支払われます。 重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します。

●賠償責任補償
 賠償責任補償は、自転車搭乗者が第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に、以下の表のとおり適用されます。 重度後遺障害の等級は、自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します。

◆TSマークの種類と付帯保険の補償内容◆
  傷害保険 賠償責任保険 事故の相手方への
被害者見舞金
死亡若しくは
重度後遺障害
 (1〜4級)
入    院
(15日以上)
死亡若しくは重度後遺障害
(1〜7級)
入院加療
青色TSマーク
一律 30万円 一律 1万円 最高限度額 1,000万円
赤色TSマーク
赤色TSマーク
一律 100万円 一律 10万円 最高限度額 5,000万円
一律10万円
(15日以上の入院が対象)

◆自転車安全整備制度

 自転車を利用する人の求めに応じて自転車安全整備店の自転車安全整備士が、自転車の点検・整備を行い、その自転車が道路交 通法令等に定める安全な普通自転車であることを確認したときに、その証としてTSマーク(傷害保険・賠償責任保険付)を貼付すると ともに、自転車の利用者に交通ルールや正しい乗り方等を指導することによって、自転車の安全利用と自転車事故の防止を図り、合わせて被害者の救済に資することを目的とするものです。

◆ビデオ「まさかの未来」貸し出しています。

 TSマークについて紹介しているビデオ「まさかの未来(チラシ表・裏)」の無料レンタル(ビデオ 自転車)を行っています。

無料レンタル(ビデオ 自転車向け)の情報を見る

トップページへ戻る

サイトマップ | 個人情報の取り扱いについて | Web規約
Copyright ©公益財団法人 広島県交通安全協会 All Rights Reserved Since 2016.
〒731-5108 広島市佐伯区石内南3丁目1-1 広島県運転免許センター5階
TEL:082-941-7700 FAX:082-941-7701